【注意喚起】キイロスズメバチ駆除をしないと大変

キイロスズメバチの特徴や危険性について確認しよう

【注意喚起】キイロスズメバチ駆除をしないと大変

ハチ

スズメバチの特徴

ハチの中でも大型で非常に強力な毒を持つハリで刺すことが出来ます。ハリを持っていて刺してくるのはメスのみです。巣に対して一定距離の中に入ると威嚇してくるので危険です。性格も他のハチに比べて凶暴なので一度攻撃されだすと他のハチも参加してきて止まらなくなります。毎年夏の時期にかけて活動が活発になります。

スズメバチの種類

国内だけでもスズメバチは10種類以上存在しています。非常に体が大きなオオスズメバチや都心でも花のある所ではよく見かけるキイロスズメバチなど様々な種類がいます。基本的に春頃卵から孵ったスズメバチは夏に働き冬に入る前に亡くなっていきます。なので冬の時期などは被害が少なくなります。

刺された時の危険

毎年スズメバチにより死亡者が出ていますが、そのほとんどがアナフィラキシーショックによるものです。アナフィラキシーショックとはスズメバチの毒に対して過剰に免疫反応してしまうことを指します。アナフィラキシーショックが起ることにより嘔吐や呼吸困難という症状が出て来て最悪の場合はショック死してしまいます。刺されてから数十分は症状が出ませんが、後に必ず症状が出てくるので刺されたらすぐに病院へ行きましょう。

スズメバチの対策

女王蜂に住み着かれてしまっては遅いので、巣を見かけても近寄らないようにしましょう。また刺激しないようにしましょう。敵とみなした相手には容赦なく攻撃してきます。またスズメバチの近くで香りの強いものを持っていると近寄ってくるので、スズメバチの近くでは香水を付けないようにしましょう。もしお家に巣を作られてしまった場合は、何をしてなくても攻撃される危険性があるので、放置せずすぐ業者に駆除してもらいましょう。

広告募集中